Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2015 > t-hirayama-2015-11-national

空気と水滴内部の伝熱を考慮したSPH法による水滴の蒸発表現モデル

映像情報メディア学会研究会

  コンピュータグラフィックスで水滴を表現するのに,Smooth Particle Hydro-dynamics (SPH法)が用いられることが多い.SPH法を発展させ,表面張力によって生じる接触角や,斜面を滑り落ちる水滴に現れる動的接触角を表現できる水滴の形状モデルが考案されている. しかし,これら2つの手法は,常温での水滴形状モデリングに留まり,相転移,具体的には水滴が蒸発する様子などを表現することはできない. 本研究では,各粒子に温度のパラメータを設定し,粒子間の熱伝導を計算することにより,水滴が蒸発していく様子を表現できるモデルを提案する.

Images

nolink,center
nolink,center

Tags

Tag: Tomohiro Hirayama Jun Kobayasi Masaki Sato 映像情報メディア学会研究会

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 1162, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: Wed, 06 Apr 2016 06:31:44 UTC (2973d)