Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2013 > tanabe-2013-03-national-n

傾斜角を考慮した錆の経年変化テクスチャ生成

2013年電子情報通信学会総合大会

 近年のコンピュータグラフィック技術の向上は目覚しく,現実の映像,画像と見まごう3DCG をつくり出すに至っている.しかしながら,現実に存在する物体は,多かれ少なかれ,傷,汚れなどがあり,傷一つない綺麗なものはほとんどない.よりリアリティのある3DCG モデルを制作するためには,劣化,汚れ,損傷の表現が欠かせない.本研究では,鉄の腐食である錆に着目し,経年変化を含んだテクスチャとして生成する方法を検討したので,報告する.

Images

nolink,center

Tags

Tag: Ryoma Tanabe 電子情報通信学会総合大会

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 2538, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Mon, 09 Sep 2013 16:48:44 UTC (3972d)