Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2008 > sakuma-2008-09-national-n

家屋モデルのUVテクスチャ自動展開と大規模な町並みの高速レンダリング

FIT情報科学技術フォーラム2008,I-082(2008).

 神田-日本橋-京橋に至る江戸の町並みをCGで復元するには,約350万ポリゴンが必要であった.Quadtreeを用いたレンダリング対象物体のcullingと,データ読み出しオーバーヘッドを削減するインスタンシングにより,高速化を実現した.今後の町並みの拡張と,モデルの高精細化に備えて,一段の高速化が必要である.我々は,町並みの大半を占める家屋モデルは,家屋一軒に対して,部品ごとにそれぞれ個別にテクスチャが用意されているため,テクスチャマッピングのコストが高い.そこで,家屋モデルのUVテクスチャを自動展開して作成した.その結果,大規模な町並みの高速レンダリングが可能となったので,報告する.

Images

nolink,center

Tags

Tag: Akio Sakuma 情報科学技術フォーラム Cyberscape 江戸 Renderer Building

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 1927, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Sat, 31 Aug 2013 06:23:50 UTC (3226d)