Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2008 > moriya-2008-02-national-n

スケッチ入力による効果線を用いた3Dモーション入力法

電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 107, No. 486, pp. 13-18 (2008).

 スケッチインタフェースにより描かれた効果線を基に3Dモーション入力を行う手法を提案する.本手法では,ユーザがスケッチにより物体の動きを表す軌跡(効果線)を描く.描かれた軌跡は,3D空間平面への投影による2次元から3次元への変換,追加の効果線入力による変形,スムージングおよび曲線化を経て,物体の3次元空間での動きとなる.これにより,キーフレーム法など,既存の3Dモーション入力インタフェースと比較し,より簡単なモーション入力を可能とする.

Images

nolink,center
nolink,center

Tags

Tag: Tomoaki Moriya 電子情報通信学会 NPR Interaction Motion Sketch Manga

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 1713, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: Sat, 31 Aug 2013 06:48:21 UTC (3226d)