Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2017 > y-suzuki-2017-09-national

TITLE:3Dオートマトンを用いた鉄の腐蝕による形状変化シミュレーション
*3Dオートマトンを用いた鉄の腐蝕による形状変化シミュレーション [#rae97f17]


CENTER:&size(16){''[[鈴木 雄太>Members/YuutaSuzuki]], [[森谷 友昭>Members/TomoakiMoriya]], [[高橋 時市郎>Members/TokiichiroTakahashi]]''};
CENTER:&size(16){''映像表現・芸術科学フォーラム 2017''};

   近年のCGの表現力の向上は目覚ましく,様々な材質でできた物体の表現が可能になっている.実空間に存在する多くの物体は,太陽光や雨風,砂などに長時間曝露されることにより,色や形が大きく変化する場合がある.こうした変化を経年変化という.
  近年のCGの表現力の向上は目覚ましく,様々な材質でできた物体の表現が可能になっている.実空間に存在する多くの物体は,太陽光や雨風,砂などに長時間曝露されることにより,色や形が大きく変化する場合がある.こうした変化を経年変化という.
金属の経年変化の原因となる現象に腐蝕がある.腐蝕は鉄などの卑金属が水と接触することで生じる反応である.腐蝕が進んだ鉄は脆くなり,やがて一部が剥離する.これにより,鉄の表面に凹凸ができる.凹凸部分からさらに錆が進行し,鉄に穴が開くようになるまで錆が進行することがある.従来の錆のシミュレーション手法では,腐蝕による変色および凹凸の発生まで再現されていた.本研究では,鉄に穴が開くようになるまで進行した錆をも再現可能な,3次元物体の錆の進行シミュレーション手法を提案する.

** Images [#kfe5c065]
#ref(./y-suzuki-2017-09-national_1.png,70%,nolink,center);
#ref(./y-suzuki-2017-09-national_2.png,70%,nolink,center);

** Tags [#e3d44ed3]
&tag(Yuuta Suzuki,映像情報メディア学会 年次大会);
Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 532, today: 1, yesterday: 0