Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2008 > yamagami-2008-03-national-n

MAYAにおけるキャラクタに適したリグの検討と構築

映像情報メディア学会技術報告,Vol.32,No.18,pp.37-40(2008).

 キャラクタアニメーションを実現する際に,リギングという制作工程は大きな課題となる.キャラクタモデルの動作制御のために必要なリグは,キャラクタモデルの身体的特徴や実現したい動作によって異なるため,状況に合わせて適したリグを検討する必要がある.しかし,リギングで発生する問題,及びその解決方法は,多く公開されているわけではない.そのため,初学者にとって多くの試行錯誤を必要とする敷居の高い制作工程となっている.本研究では,3DCG制作ソフトウェアであるMAYAを用いてキャラクタモデルに対してリギングを行い,キャラクタモデルの各部分に発生する問題を明らかにし,解決方法を提案する.

Images

nolink,center
nolink,center
nolink,center

Tags

Tag: Kenta Yamagami 映像情報メディア学会 3DCG Maya Motion Animation Modeling

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 2943, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: Sat, 31 Aug 2013 06:36:17 UTC (3226d)