Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2008 > simakage-2008-03-national-n

点描と多様なストローク描による水彩画風画像生成法

電子情報通信学会総合大会2008講演論文集,D-11-97(2008).

 筆者らは,点描とストローク描を組合せた水彩画風画像生成法を提案してきた.この手法(以下,従来法と呼ぶ)では,階層的Poisson Disk Sampling法(HPDS法)により配置された円をテクスチャを縮小して置き換えることで点描を,最近傍の2つの円を結ぶ線分上に同じテクスチャを配置することでストローク描を表現した.ここで,2つの円を結ぶようにテクスチャをマッピングする描画技法をストローク描と呼ぶ.従来法では,最近傍の2つの円を結んでいるため,ストローク描の長さが全体的に短くなってしまう問題がある.本稿では,ストローク描の長さと太さを制御できるように従来法を改良し,良好な結果を得たので報告する.

Images

nolink,center
nolink,center

Tags

Tag: Yoshinori Shimakage 電子情報通信学会 Poisson Disk Sampling NPR Stroke

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 1632, today: 1, yesterday: 2
Last-modified: Sat, 31 Aug 2013 06:28:15 UTC (3226d)