Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2006 > kanazawa-2006-09-national-n

PC内の操作履歴を用いたWeb閲覧行動の分析

FIT2006(第5回情報科学技術フォーラム)講演論文集, D-018 (2006)

 今日,検索エンジンを調査ツールのひとつとして用いることは一般的になっている.しかし,再調査のために前回の調査過程をトレースしようとすると,その過程を思い出せずトレース出来ないことはしばしば起こる.
Google Desktopはキーワードを含む個々のWebページを再発見することを支援している.しかし過去に行った調査行動の概要を思い出すには,履歴を総当りするか,ユーザ自身の記憶に頼るほか無い.また,実際の閲覧ではWebブラウザを複数起動して,並行的にWebページを閲覧する場合があるため,閲覧履歴は時系列に関してより複雑な構造を持っていると考えられる.本研究では「Web閲覧履歴は検索サイトによる検索を結節点とする構造をもつ」と仮定し実際の調査活動における閲覧履歴の分析を試みた.本稿では分析によって得られた結果について報告し,それを基に閲覧履歴の要約手法についても考察する.

Images

Tags

Tag: Katsuhisa Kanazawa 情報科学技術フォーラム Study Science Web Blowser

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 1714, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Thu, 31 Mar 2011 14:40:00 UTC (4326d)